【20代のビジネス書】4年目で主任、年収700万の私がおすすめする、20代必読のビジネス本【ランキング】

モノ・サービスを知る

第2位:ピボット・ストラテジー

ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方

監修:牧岡 宏

読みやすさ: 

内容の濃さ: 
知識の即効性:

この本は今までの本とは、少し毛色が違いますね。アクセンチュア本社の超優秀なエリートコンサルタントが数多くのクライアントの戦略立案を行った経験から、これからの企業の生き残り方を解説している本となります。


私は超一般サラリーマンであり、バリバリの技術系出身なので、企業経営や企業戦略について、全く詳しくありません。しかし、この本を読んだときは、鳥肌が立ちました。

この本から得られる知識は大きく分けると2点あります。

  1. これからの企業戦略、ピボットストラテジーの方法
  2. 戦略コンサルタントが行う、情報収集の方法

私はこの2番の知識を得ることを、皆さんにお勧めしたいと思い、第2位にこの本を選んでいます。一般的に戦略系のコンサルタントは超優秀であり、どの国であっても一握りの人しかなることができません。その選ばれた戦略コンサルタントのまとめる情報は、本当に分かりやすく、無駄な言葉が一切書かれていません。

そんな鳥肌の立つ程の恐ろしくまとまった文章に興味がある方は、この本を読んでみてください!

第1位:ロジカル・シンキング

ロジカル・シンキング (Best solution)

著:照屋 華子, 岡田 恵子

読みやすさ: 
内容の濃さ: 
知識の即効性:

輝く第一位はこちら!ロジカルシンキング!!

あの有名なコンサルティング会社、マッキンゼーでエディターを担当していたお二人が書いた本となります。私は昔ロジカルシンキングがすごく苦手で、めちゃめちゃ大量の本を読んでいました。30冊以上読んだ中で、私はこの本が一番わかりやすく、そして今でも参考にしています!

ロジカルシンキング=コンサルティング、と思われることもありますが、この本で解説しているのは、ロジカルコミュニケーションという手法であり、誰しもがぶち当たるコミュニケーションの乗り越え方を教えてくれます。

私は、本を読むメリットとして以下の2点を挙げていました。

本を読むメリット

  1. 知識として、未経験のことを身に着けることができる
  2. 幅広い年齢層の方と、話を合わせることができる

この2つをたった1冊の本で習得することができ、なおかつ仕事をしている日々の参考書として長い間使い続けることができる。そんな本となっています。

本は長い間読み続け、知識の即効性と確実な定着を求めている方は、是非ともこの本を読んでみてください!!

まとめ


いかがでしたでしょうか。

お見苦しい文章で恐縮ですが、最後まで読んで頂き、ありがとうございます!!

2020年コロナウイルスで日本中が緊急事態宣言により、外出禁止になっています。そんな中でも差を付けられるのが、読書となります。ここの情報をしこたまインプットし、緊急事態宣言あけに大活躍する。

これからの時代は、人よりもモチベーション高く、人よりも努力するものが勝ち残っていく時代になると思います!!私も含め、本を読んで、モチベーション高く頑張っていきましょう!!!

無理はしすぎず、コロナを乗り切りましょう!それではまた、次のブログで☺

職位と年収を上げるには、転職がおすすめ

私は日系の大企業に在職していましたが、年功序列が根付いているこの社会では、中々出世がうまくできなかったりします。しかし、自分にスキルがあるのに、それは不公正だと思いませんか?泣

もし自分に自信があり、正当な評価で上を目指していきたい方がいれば、是非とも外資系のコンサル業界への転職がおすすめです!!

PwCコンサルティング、アクセンチュアの転職体験記をまとめていますので、是非とも興味のある方はご覧になってください☺

コメント