【アクセンチュアに中途で入るのは厳しい?】成果主義・実力主義の社風であることを理解する

転職のすすめ

【アクセンチュアに中途で入るのは厳しい?】成果主義・実力主義の社風であることを理解する


外資系のコンサルティング会社

中でも就活生や転職希望の方にも大人気である

アクセンチュア株式会社


このご時世の中

新入社員は500人以上中途採用は毎月200人以上

人材不足を全く感じさせない

圧倒的人気を誇るコンサルティング会社です。

しかしアクセンチュア社内では

常に人材不足がささやかれている、、、

実際にアクセンチュアは

転職エージェントでは必ず推薦されるコンサル企業であり

アクセンチュアへの転職機会は少なくない

そう言っても差し支えないと思います。


そんなアクセンチュアですが、コンサルティング会社であることもあいまって

とても厳しい環境である、まるで奴隷として扱われる、など

中々えげつない、ネガティブな噂を聞きますよね。

このブログでは

外資コンサルへの転職活動を成功させ、アクセンチュアからの内定をゲット

実際にアクセンチュアがどのような雰囲気なのかを経験した私が

アクセンチュアの中途は厳しいのか

について、解説させて頂きます。

アクセンチュアPwCコンサルティングなど

外資コンサルティング会社への就職・転職を希望している方がいましたら

以下のブログが少し参考になるかもしれません。

中途面接では何を聞かれたのか、ケース面接はあったのか、やはり圧迫面接なのか、など

私が実際に受けた、最終面接までの面接体験を全て赤裸々に書いております

もし内容に興味がわいた方がいましたら、是非ご参考にしてみてください。

それでは次ページから、

アクセンチュアの中途は厳しいのか

について、私なり意見をお伝えさせて頂きます。

【入社前】アクセンチュアに中途入社することは簡単ではない【厳しい】

コメント