【アクセンチュアに中途で入るのは厳しい?】成果主義・実力主義の社風であることを理解する

転職のすすめ

【入社前】アクセンチュアに中途入社することは簡単ではない【厳しい】


アクセンチュアは入社希望者の多い、外資系コンサルティング会社です。

給与水準もとても高く、平均年収は1,000万以上です。

こちらのブログを参考にさせて頂いていますが、


5年次で1,000万、10年次で1,500万も達成することができるそうです。

この高すぎる年収はどんな日系大企業に入っても、中々達成できるものではありません。

アクセンチュアは

高年収を希望する優秀な人材がゾロゾロ集まり

中途採用のチャンスを積極的に狙っている状況

そう言えるでしょう。

私も実際に外資コンサルになる前は日系大企業に勤めておりました。

日系大企業での体験記も以下のブログに乗せております。

激務の外資コンサルと安定の日系企業、どちらに入社するか悩んでいる方

もしいましたら、是非ともご参考にして頂ければと思います。

また、コンサルティング会社は面接が厳しいことで有名です。

他企業にはないケース面接や圧迫面接など、面接準備は必要不可欠です。

私の経験上、自己PRと志望動機に対する質問は必ずされます。

以下ブログを参考にして頂き、抜かりない面接準備ができれば、

厳しい面接も少し通過しやすくなるかもしれません。

もしお時間あれば、ご参考にして頂ければと思います。

次ページからは、

中途入社でアクセンチュアに入った後、何が厳しいのか

について解説させて頂きます。

【入社後】アクセンチュアで働き続けることは簡単ではない【厳しい】


コメント