【転職】外資系で英語力はマストではない+グローバルビジネスを体得可能(体験談)

キャリア形成
スポンサーリンク
KEN-JP
KEN-JP

こんにちは. 筆者のKEN-JPです.

brendan-church-pKeF6Tt3c08-unsplash

本ページでは,

筆者の経歴
  • 日系大手企業に新卒入社でエース
  • その後転職,外資コンサルで限界突破
  • 大企業でグローバル事業リード

の経験を持つ筆者の実体験をベースとし,

なぜそれが良かったのか?の理由を解説します.

コンテンツは,複数ページで解説させて下さい.

本ページでは,#2-A,つまり

中途×外資系企業の魅力“をお伝えします.

#テーマ理由A理由B理由C
1新卒は大企業に就職執筆済執筆済執筆済
2中途は外資系に転職今回作成中作成中
3コンサル経験で土壌形成作成中作成中作成中
新卒は大企業,中途は外資系,コンサルは土壌[#2-A]

スポンサーリンク

新卒入社は大企業がベストなのか

elbe-1695759 (1)

新卒大企業はベスト?

結論からお伝えします.

新卒で大企業は,ベストに近いと言えます.

筆者がそう考える根拠について,

3点の理由をベースに,お伝えします.

A,優秀,真面目,選ばれた人材と思われる

筆者は,新卒入社で大手日系企業に入りました.

まず感じたのは,周りから期待値の高さです.

KEN-JP(当時)
KEN-JP(当時)

何もしてないのに,なぜ大げさな期待をされているんだろう..?

なぜそうなるのか,私なりに,分析しました.

理由は,主に2点あると考えます.

理由
  1. 大企業特有の採用倍率(ただ高いわけではない)によるイメージ
  2. 組織体制による上下関係(本当に優秀かは別)起因のお世辞

詳細は以下ブログにて,解説しております.

ご興味ある方,併せてご確認お願いします.

新卒は大企業,中途は外資系,コンサルは土壌[#1-A]

B,社内異動,異業種転職がしやすい

まずは大企業は社内異動しやすいか?について,

筆者(大企業3社経験)の体験談を元に考察します.

大企業では社内異動が多いのか?

以降の詳細は,以下ブログをご参照ください.

新卒は大企業,中途は外資系,コンサルは土壌[#1-B]

C,社会のイロハ,責任感が必要な業務が学べる

KEN-JP(当時)
KEN-JP(当時)

新入社員から責任重大‼これが社会の荒波…

大企業の事業規模は大きく,

そこが企業の競争優位性の一部です.

その分新人から責任のある業務を任せられ,

裁量の大きい仕事に取り組みます.

詳細について,以下3点に分けて,

考察と解説をさせていただきます.

大企業の新人が責任を持つ業務例(筆者の実体験ベース)
  • 顧客から親企業の責任のある人と見られ,発言を求められる
  • 子会社(含む発注業者)の成果物を親会社の責任で説明する
  • 現場責任者として,トラブル時は顧客に謝罪をする

以降の詳細は,以下ブログをご参照ください.

新卒は大企業,中途は外資系,コンサルは土壌[#1-C]

外資系企業へ転職は何が良いのか

ben-white-gEKMstKfZ6w-unsplash

外資系企業へ転職のメリット

結論からお伝えします.

外資系企業への転職は,理由3点が特に良いと考えます.

なぜ中途入社先に外資系が良いと考えたか
  • 英語が嫌でも身に付く.グローバルビジネスの基礎を体得できる.[英語,グローバル]
  • 未経験,年齢を問わず,実力次第で活躍することが可能.[実力主義,組織文化]
  • 給与交渉で大幅な報酬アップが可能.入社後はコンスタントに増収.[高年収,昇給スピード]

次回以降のブログにて,それぞれ詳細に解説します.

A,英語が嫌でも身に付く.グローバルビジネスの基礎を体得できる

hand-1868015_1280

外資系で英語力はマストではない

驚かれる方もいるかもしれませんが,

外資系企業の日本支社で働くために,

英語力は必ずしもマストではありません.

(外資系企業に転職する方は特に!)

私は日系大手企業から外資系企業に転職*.

コンサルティング業界で務めた経験もあり,

ハイパフォーマ+外資系の同胞を見てきました.

*筆者(KEN-JP)の経歴詳細を以下参照.

KEN-JP

・東京出身.某理系の有名大学を卒業
・新卒で日系企業(従業員1万人以上)就職
・SE/プロマネで5年以上勤務
・その後転職.外資コンサル.限界突破
・現在, 大手日本企業でグローバル対応
・SE&戦略コン,日系&外資,給料&報酬
・幅広いキャリア形成を支援

KEN-JPをフォローする

個人の考察にはなりますが,

以下に外資系企業メリット(英語力の件含む)

を記載しております.

  1. 現場で使える英語知識を効率良く学べる(英語力はnotマスト.)
  2. グローバルビジネスが体得できる(世界標準に触れる)

英語力はなくてもOK!現場で使える知識を効率良く学べる

ほかのサイトを軽く調査しました.

まずは,英語が必要であると書かれた情報サイトです.

外資系企業で働くには英語力はどれくらい必要? (michaelpage.co.jp)

外資系企業に転職するために求められる英語力の目安とは? (robertwalters.co.jp)

上記サイトによると,TOEIC700点必要など,

求められる基準が低くないように見えます。

一方,以下サイトを見てみると,

外資系企業で必要な英語力はどれくらい?経験者が語るリアル | Indeed (インディード)

入社後のコミュニケーションは「なんとかなる」人がほとんど
image-2-3
外資系企業に必要なのは、英語力+意思疎通を図ろうとする姿勢
image-2-4
外資系企業で必要な英語力はどれくらい?経験者が語るリアル | Indeed (インディード)

とありました.

私が実際に自分が働き,現場を見てきた経験に近いのは,

間違いなく後者の記事となります.

英語力は無くてもOKである他,

より重要な意思疎通に対する姿勢が書かれています.

日本ではない世界標準に触れる.グローバルビジネスが体得できる

上記にもつながりますが,

日本とそれ以外の国では,ビジネス標準が異なります.

それ故に苦労する面もありますが,

世界で見た時の標準を意識できる機会になります.

グローバルビジネスを体得する.

この点も,外資系で働く上でのメリットと言えるでしょう.

特に転職,中途入社の方にはお勧めしたい,

今の環境を大きく変える刺激と考察しています.

B,未経験,年齢を問わず,実力次第で活躍することが可能(執筆中)

別ページで解説.リンク先を掲載予定

C,給与交渉で大幅な報酬アップが可能.入社後はコンスタントに増収(執筆中)

別ページで解説.リンク先を掲載予定

最後に

最後までご購読いただき,誠にありがとうございます。

本ページは,以上となります.

中途入社や転職で外資系企業を検討している方,

次回以降の内容含め,検討してみてください.

外資系企業メリットである,

英語,組織文化,高年収,昇格スピードなど,

大企業とのGAP中心に解説予定です。

これからも以下コンテンツを含め,

本ブログを更新していきますので,

ご興味あれば購読/SNSフォローお願いします.

それではまた,次のブログでお会いしましょう.

Sending positive vibes. Thank you!

KEN-JP

・東京出身.某理系の有名大学を卒業
・新卒で日系企業(従業員1万人以上)就職
・SE/プロマネで5年以上勤務
・その後転職.外資コンサル.限界突破
・現在, 大手日本企業でグローバル対応
・SE&戦略コン,日系&外資,給料&報酬
・幅広いキャリア形成を支援

KEN-JPをフォローする

コンサルはビジネス土壌を作るのか

別ページで解説(執筆中)

別ページで解説.リンク先を掲載予定

コメント