アクセンチュア転職は後悔する?入社前の対策が肝要【元コンサル解説】

アクセンチュア転職は後悔失敗しない対策は何か【元コンサル解説】 キャリア形成
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクセンチュア転職は後悔する?入社前の対策が肝要

皆さんこんばんは,KEN-JPと申します.

さっそくですが恐縮ですが,

以下のような悩み,ございますでしょうか.

アクセンチュアに転職したいけど不安…

コンサル転職失敗談が多く, 自信が持てない…

情報が多すぎて何も信じれない…

アクセンチュアに転職する際に,

必ず悩みの種になるのが,

アクセンチュア転職は後悔しないか?

コンサル企業への転職は失敗しないか?

そこには外資系企業に転職にきっかけとなる,

年収や勤務条件への不安も含まれますね.

ただここで注意したいのが,

外資系コンサルは入社前から差が現れる,

アクセンチュアへの転職は準備が必要,

ということ.

入社前の準備を十分にしなければ,残念ながら,

アクセンチュア転職後に活躍,

そして継続して勤め続けることは,

必ず難しくなるでしょう.しかし,

アクセンチュア転職前の念入りな準備と聞くと,

「何すれば良いかわからない…」

「何で入社前に準備しないといけないのか…」

「どうやって対策すれば良いのか…」

と思ってしまう方もいるかもしれません.

ですが,安心してください。

これからお伝えする内容を踏まえ,

アクセンチュア転職前の準備や対策を行えば,

失敗の可能性を限りなく減らしつつ転職可能

になります.

本記事を参考にしていただきつつ,

より良いアクセンチュアへの転職を目指し,

アクセンチュアの理解と対策,準備

に挑戦してみましょう.

「この記事の内容」
  • アクセンチュア入社後に後悔しやすいポイントとは?
  • アクセンチュア転職前に,なぜ不安でいっぱいになるのか?
  • アクセンチュアへ中途入社前,後悔しないための対策は何か?

本ブログでは,今後も転職関連の情報を,

私の実体験+他情報ソースを用いて,

詳細に,かつ読者目線で解説予定です.

ご興味ある方はサイトブックマーク.

X(旧Twitter)やInstagramなど,

SNSフォローをお願い致します.


KEN-JP

・東京出身.某理系の有名大学を卒業
・新卒で日系企業(従業員1万人以上)就職
・SE/プロマネで5年以上勤務
・その後転職.外資コンサル.限界突破
・現在, 大手日本企業でグローバル対応
・SE&戦略コン,日系&外資,給料&報酬
・幅広いキャリア形成を支援

KEN-JPをフォローする

アクセンチュア入社後に後悔しやすいポイント

結論からお伝えします.

理由は3点ございます.

アクセンチュア(ACN)入社後に後悔しやすいポイント3点
  • コンサル企業(含むACN)は基本的に激務になりやすい
  • ACN社員はハイパフォーマーである意識が非常に高い
  • ≪重要≫成果主義であり,合理主義である

コンサル企業(含むACN)は基本的に激務になりやすい

1点目の理由,

アクセンチュアを含む外資コンサル企業は,

基本的に激務にアサインされやすい,

難易度の高い案件が多い,

と言われますです.

他サイトの情報ソースを見ながら,

細かく見ていきましょう.

コンサルタントは激務と言われてしまう理由

コンサルタントという職業は、一般的に激務であると認識されています。しかし、その背後には彼らが常に求められる専門性や能力が存在します。以下では、その主な理由を4つに分けてご紹介します。

常にインプットが必要で勉強する時間を取られるため

コンサルタントはクライアントの課題解決を支援する役割を果たします。そのため、最新の情報を常にインプットし、自分自身をアップデートし続ける必要があります。専門知識を持つだけでなく、その知識を活用して的確なアドバイスを提供するためには、自己学習の時間が必要となります。

ミーティングや資料の作成に時間を取られるため

コンサルタントの業務の一部として、クライアントとのミーティングや資料作成が含まれます。特に資料作成は、クライアントに対する提案や結果の報告を行うための重要なプロセスであり、完璧な内容を求められます。そのため、マネージャーやパートナーからの厳しいチェックを受けることもあります。また、深夜に修正指示が来ることも珍しくありません。

プロフェッショナルとしての成果にシビアなため

コンサルタントは、結果を出すことが求められるプロフェッショナルな職業です。そのため、自己学習によるスキルアップはもちろん、クライアントへの提案や業務の進行管理など、多岐にわたる業務をこなさなければなりません。この高い要求水準に応えるため、時間をかけて業務に取り組むことが求められます。

コミュニケーションの機会を設けクライアントとの関係構築をするため

コンサルタントはクライアントとの深い信頼関係を築く必要があります。これは、提案内容がクライアントに適切に理解され、実行に移されるために重要です。そのため、クライアントとのミーティングや、それに伴う資料の作成に多くの時間を費やすこととなります。

以上が、コンサルタントが激務であるとされる理由です。しかし、この激務の背後には、彼らが提供する高度な専門性や業界における影響力があります。そのため、激務を通じて得られる成果と経験は、コンサルタントのキャリアにおいて非常に重要な資産となります。

コンサルタントは本当に激務なのか?現状と忙しさの中にある魅力を解説 | エグゼクティブリンク (executive-link.co.jp)
  1. 常にインプットが必要
  2. ミーティングや資料の作成に時間を取られる
  3. 成果にシビア
  4. クライアントとの関係構築

といった理由が記載されています.

上記は転職前に皆さんを悩ませる,

理想とのギャップとなることもあるでしょう.

まずは,

自分の達成目標のために激務をどう考えるか?

を考え,本当に激務となった場合のイメージします.

そこが自分の最低条件を満たしていなければ,

転職は要注意と考えることを推奨します.

ACN社員はハイパフォーマーである意識が非常に高い

筆者の経験上,外資コンサル(ACN含む)は,

組織が無駄がなく,個人の裁量が非常に大きいです.

また,詳細の公開は控えますが,

アクセンチュア社員は組織のマインド,

未来のアクセンチュアに必要なDNA,

というものを定義しています.

未来のアクセンチュアに必要なDNA
  • 背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
  • チャレンジに、手加減をしない
  • 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
  • 常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
  • タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
  • あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
  • 信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
  • チームワークの可能性を信じる
  • 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
  • 常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある
求める人材像 l 採用情報 l アクセンチュア (accenture.com)

この考えは日系企業のパーパスというより,

外資系特有の明確な目標意識となっており,

人事評価の際にも考慮されるポイントです.

本ポイントは深く意識する必要があるでしょう.


もしもアクセンチュアへの転職する際は,

転職面接の際,初めに相対する採用担当が

どう思うか?評価してくれているか?

非常に重要なファクターになるでしょう.

これは同時に条件交渉や給与交渉の際,

自分が採用担当をどのように説得できるか,

高い年収や職位を設定してくれる力があるか,

が重要となることを意味しています.


≪重要≫成果主義であり,合理主義である

一番重要な理由は,

アクセンチュアは成果主義がベースであり,

コンサル企業(ACN含む)は合理主義でもある.

という点にあります.

転職エージェントやヘッドハンター等,

「アクセンチュア日本法人は」

「最初は勉強しやすい下の職位がおすすめ」

など,アドバイスをすることが多いかと思います.

ですが現時点で低いポジションで入ってしまうと,

もし昇格・昇給しても幅が大きくなく,

長い目で見ると後悔することが出てくるでしょう.

限度はありますが,基本的には現時点の最大,

なおかつ斜め上の職位と待遇に近くなるような,

精一杯の交渉を行うことをおすすめします.

アクセンチュア転職前に,なぜ不安なのか?

アクセンチュア転職前に不安材料となる項目は,

主に2点があると考えます.

アクセンチュア転職前に不安材料となる項目2点
  • アクセンチュアを転職先に選んでよいのか?踏ん切りがついていない
  • 入社直前で漠然とした不安がある。できることが残っていないか不安

ACNを転職先に選ぶべきか?踏ん切りがついていない

brain-2146156_1920

転職に重視している項目は,

月収や賞与/ボーナス,インセンティブ

である方も多いかと思います.

(アクセンチュアは交渉次第で高年収)

(反対に,年収ダウンもあり得る)

そのほか不安要素としては,

自分が仕事についていけるのか…

能力を活かすチャンスが与えられるか…

などあるかと思います.

外部のブログとはなりますが,

以下記事は私の経験ともマッチしており,

情報も生々しいと感じました.

コンサルに転職して後悔する人としない人の違い - STRATEGY : BOOTCAMP
コンサルティングファームの採用数は年々増加しています。コンサル業界に転職すると年収が上がり、今までとは違った刺激的な環境で仕事ができるようになることも期待できる一方、コンサルに転職し後悔をする人もいま...
アクセンチュアはやばい?やめとけ?評判を徹底解説
アクセンチュアが「やばい」「やめとけ」と言われる理由や、本当に激務なのか、クビになるのかといったアクセンチュアのリアルについて解説しています。

不安な方は情報を網羅的に調査し,

その上で自分の思いをまとめる.

必ずノートに書くなど,アウトプットしておく.

ことを心がけると,不安が和らぐはずです.


月収や賞与/ボーナス,インセンティブ,

その部分の交渉に不安がある方は,

以下ブログも参考にしていただき,

念入りな転職準備を行うことで,

転職成功の確率が上がるはずです.

#jobch_global_money
#global-negociate-steps

入社直前で漠然とした不安あり.準備がやり切れていない

一般的に転職には不安が付き物です.

本項でも解説している,

<再掲>アクセンチュア転職前に不安材料となる項目2点
  • アクセンチュアを転職先に選んでよいのか?踏ん切りがついていない
  • 入社直前で漠然とした不安がある。できることが残っていないか不安

上記に2点の項目も不安材料となりえます.

ですが,

人生失敗してこそ成長することも多く,

コンサルティング業界は,

他業界への転職がしやすくなる,

という情報もあります.

コンサルティング業界に一度入って、すぐやめても次はある

コンサルティング業界の魅力は、転職先の選択肢の多さにもあります。コンサルティングファームである程度の年数を働けば、その後の転職にあたり数多くの選択肢を持つことができます。

コンサルティングファームについては、認知度も高まったこともあり、ベンチャー企業やGAFAなどの大手IT企業、またコンサルティングファームに仕事を発注していたメーカーがコンサルタントを経営企画部門などで受け入れ始めています。

コンサルティングファーム在籍者は、スキルセット面やマインド面で需要が高く、転職候補先において広く選択肢を持つことができます。

また、コンサルティングファーム間の転職も多く、ベンチャーに一度転職してから再びコンサルティング業界に戻る方もいますので、そのような観点でもキャリアパスは多様です。

最近は上場するベンチャー企業のCXO(COOやCFOなどの幹部ポジション)を見てみると、コンサルティング業界から転職してきた方が数多くいることがわかるでしょう。

コンサルに転職して後悔する人としない人の違い – STRATEGY : BOOTCAMP (resolve-and-capital.com)

転職する前は不安であり,落ち着かない状態です.

しかし,その不安は行動の原動力ともなるはずです.

今のうちからできることは全て対応し,

転職後に後悔しないよう,

入社直後に最大限を成果をだすこと,

ができることを願っております.


皆さんご察しの通り,

外資系企業の転職メリットは多いです.

以下ブログ記事も参考にしながら,

自分の将来どうあるべきかを見直し,

目標に向かって愚直に取り組む.

そのような姿勢が競争社会である,

コンサル企業での知の礎になることでしょう.

#jobch_global_merit-system

アクセンチュア後悔しないための対策

アクセンチュアへ中途入社前,

後悔しないための対策は,

以下3点でございます.

アクセンチュアへ中途入社前,後悔しないための対策
  • ≪重要≫マインドを今から変えておく
  • 入社前の準備に一切手を抜かない
  • 前職の経験を過信せず,謙虚になる

≪重要≫自分のマインドを今から変えておく

brain-5371476_1920

アクセンチュアをはじめとする,

外資系コンサル企業特徴として,

ハイパフォーマーである意識と行動,

があります.

コンサルタントは高収入と言いますが,

その給料を遥かに上回る報酬が,

クライアント企業から支払われます.

それは顧客から厳しい目線で見られる要因となり,

ただ成果が出せるだけではなく,

顧客経営層が求めているような大きな実績,

かつ想像もしないようなスピードで,

顧客担当者から期待されることでしょう.

外資系の会社は,ストレートに物事が進みます.

忖度なく,日本人らしさを少し無くしていき,

とにかく成果を追い求める,妥協しない,

そのようなマインドセットを心がけると,

入社してからも困ることが減ると考えます.

入社前の準備に一切手を抜かない

外資系の企業は成果主義,

そのような言葉をよく聞くかと思います.

成果主義=合理主義,

より論理的,かつ筋の通った内容のみ,

ストレートに社内を通過していく.

そのようなシンプルな社風である,

と考える方もいるようです.

アクセンチュア入社前の準備でも,

自分が主張したいアピールポイントは,

事実チェックは済んでいる内容なのか?

厳しい質問にも答えられる論理武装ができたか?

という点も確認するの良いかと思います.

ロジックハラスメントという言葉がありますが,

コンサル業界はロジハラと常に隣合せです.

以下ブログに詳細が書かれていました.

相手を追い詰めるロジハラが起きる原因と、ロジハラをされた時の対処法|グロービスキャリアノート
ロジハラとはロジカルハラスメントの略で、正論を突きつけて相手を追い詰めることをいいます。ロジハラが起こる原因と対処法をお伝えします。

上記を意識しつつ,入社後の配属面談などから,

可能な限りの論理武装を行いましょう.

前職の経験を過信せず,謙虚になる

以外と重要なのがこの点です.

日系企業にいるとあまり頻繁にはないですが,

外資企業は前職実績に関しても,

論理的にしっかり詰める人が多いです.

そしてこのポイントは,意外に皆さん弱いはずです.

面談担当者も外資系勤務が長ければ長いほど,

面談中に詰めることが多くなります.

<再掲>アクセンチュアへ中途入社前,後悔しないための対策
  • ≪重要≫マインドを今から変えておく
  • 入社前の準備に一切手を抜かない
  • 前職の経験を過信せず,謙虚になる

上記対策をしつつ,ストーリーライティング,

自分の主張に関係のない主張や情報開示は,

なるべくしないことを心がけましょう.

外資転職は,年収アップのメリット有

stairs-6133971_1920

前項では,外資系に転職する際,

必ず正念場となる条件交渉・給与交渉について,

事前準備や注意点を中心に解説しました.

そこでは,以下のポイントがありました.

逆に言えば,上記ポイントを押さえつつ,

明確なロジックで交渉をすることで,

市場平均を遥かに上回る年収,

コンスタントに上昇する月収,

最良の大きいポジションでの業務,

等が手に入る可能性が高まります.

外資系への転職(特にコンサル)を

検討している方は,ぜひ上記を参考に,

ご自身のキャリアアップに挑戦

していただけますと幸いです.

キャリアの個別ご相談,

今後期待する記事などありましたら,

コメントフォームからでも可能ですので,

遺憾ないご意見,お待ちしております.

最後に

最後までご購読いただき,

誠にありがとうございます。

本ページは,以上となります.

中途入社や転職で外資系企業を検討している方,

次回以降の内容含め,検討してみてください.

外資系企業メリットである,

英語,組織文化,高年収,昇格スピードなど,

大企業とのGAP中心に解説予定です。

これからも以下コンテンツを含め,

本ブログを更新していきますので,

ご興味あれば購読/SNSフォローお願いします.

それではまた,次のブログでお会いしましょう.

Sending positive vibes. Thank you!

KEN-JP

・東京出身.某理系の有名大学を卒業
・新卒で日系企業(従業員1万人以上)就職
・SE/プロマネで5年以上勤務
・その後転職.外資コンサル.限界突破
・現在, 大手日本企業でグローバル対応
・SE&戦略コン,日系&外資,給料&報酬
・幅広いキャリア形成を支援

KEN-JPをフォローする